出光興産と昭和シェルの統括合体に了解

昨年から株式指揮を通じて、それ以来何かと全国環境の動作が気になって勉強するようになりました。
今季に入って購入した株の中に、出光興産という石油業者がありました。購入した理由は、翌年には昭和シェル石油とマネージメント合同し、全国への向上心安定給付に貢献する、といった表明されていたからです。本当はわたしは向上心に関しては、何かと想うところがあり、応援したいと考えました。
だが、今季6月になって開業持ち家が組み合わせに反駁表明をしたことから、丸々株価が下落しました。さらに8月には組み合わせ反駁のために開業持ち家が昭和シェルの株を0.4百分率購入したとの事で、さらにその日は8百分率程度の減衰。災難に合っています。
そもそもなんで組み合わせ反駁なのかというと、開業持ち家のボンボン子供を役員にするみたいお願いしていたのを、ずいぶん聞き入れてもらえないから腹を立てている、という粗筋のようです。
あんなスゴイ理由で組み合わせに反駁し、大勢に迷惑をかけられるのだから、実にお金持ちのボンボン子供というのは、表面大衆はよっぽど感じが違うね。
こうなったら、何としても組み合わせを実現して、株価を元に戻してほしいだ。
断然、全国への向上心の安定給付、という野心を実現してほしいといった、つくづく願っています。公式サイトはコチラ

出光興産と昭和シェルの統括合体に了解