昔の楽しかった夏季の体験

夏休み中に公園を通りかかった瞬間、ケータイジャンル遊戯タイミングで遊んでいる子供達の特性を見かけ、こちらは時流を感じました。
こちらが昔の夏場のレジャーといえば、自宅ではTV遊戯を通していましたが、外部では水風船の投げ合いや、水鉄砲の打ち合いなどして遊んだものです。

お盆休日には、例年おとうさんのマイホームへお墓参りをめぐっていました。
在宅のある千葉からおとうさんのマイホームのある山形までは、愛車で6間限りも要る長旅だ。
おとうさんのマイホームは山野や川などの自然に囲まれていたこともあり、大自然という最高のレジャー目当てといった色々な実例ができました。

一際一番楽しかった実例は川遊びで、その川では手づかみで川魚を獲りました。
大きな石の隙間に魚が隠れることが多く、石の型によっては時分から手を入れられる余白が空いているので、そこに手を入れ、魚の逃げ場を落とし、捕獲するのです。
魚は素早いですし、やたらしているので、逃げ出せる素行の方が多いのですが、簡単に捕まえられない場がまた面白く、間を忘れて夢中になっていました。

他には、昆虫収集も楽しめました。
蝶、準、トンボ、カブトムシなど色々な昆虫を捕まえました。
大人になってからは自然とふれあう機会が総じてなくなってしまったので、当時の実例はとても貴重なものになってある。

のどかな自然の光景は、見るだけで心が落ち着くものです。
都心に住むと、自然とは自ら足を運んで求めなければ触れ合えないことを痛感してある。こちらへ

昔の楽しかった夏季の体験